Skip to content


口腔内腫瘍

口腔内腫瘍

投稿者 hagiwara | 腫瘍科

口腔内にできた腫瘍は早期発見・早期治療ができれば根治できることがありますが、発見が遅れがちです。気づいた時には手術不適応になってしまっているケースも少なくありません。

【わんちゃんの口腔内腫瘍】
良性は約40%、悪性は約60%といわれています。
*良性腫瘍
エプリス・乳頭腫・骨腫など

*悪性腫瘍
①メラノーマ(悪性黒色腫):約50%
②扁平上皮癌:約30%
③線維肉腫 など
この3つの腫瘍は「犬の3大口腔内悪性腫瘍」といわれ、特徴は以下のようになります。

メラノーマ

扁平上皮癌

線維肉腫

周囲浸潤

+++

++

+

骨浸潤

+

++

++

リンパ節転移

+++

+

±

遠隔転移

+++

±

±

【ねこちゃんの口腔内腫瘍】
 良性は約20%、悪性は約80%といわれています。
*良性腫瘍
 エプリスなど

*悪性腫瘍
 扁平上皮癌:約50%

 小さい時から口の中をあけても嫌がらないよう慣れさせ、歯磨きなどによって定期的に口の中を観察し、おできがないか確認してあげることが大切です。

【口の中を観察されているハリー君】

100129

お問い合わせ:TEL 042-531-3912

■東京都立川市のマミー動物病院/対応エリア

<東京都> 立川市、武蔵村山市、昭島市、福生市、瑞穂町

コメント:0